<< case-18 暑さ凌ぎはゴーヤカーテンで・・・ I 邸 | main | case-21 söpö (安城 美容室) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
case-19 magnifico (岡崎 美容室)

本日、岡崎市六名に美容院 magnifico (マニフィコ)がOPENいたしました。
大通りから1本入った場所に位置する隠れが的存在のサロンです。

昨年4月にOPENした美容院 grificaのオーナーSさんにご紹介頂いたのがYさんとの出会いのきっかけでした。
grificaさんは奥野が新築で手掛けたサロンになりますが、いつも「本当にセンスが良く、すっごく素敵な方だよ!」と伺っていました。
実店舗に訪れご覧になられた方、Sさんを知る方は「納得!」と頷いていることと思います。そんな素敵なお人柄のSさんのお友達のYさんご夫婦もまたまた本当に素敵な方なんです。

21年間勤務した美容院を退職され独立するということもあり今までのお客様を引き続き大切にしていきたいという想いを基に岡崎市の中心部で物件探しが始まりました。
なかなか見つからず気になる物件は勿論のこと、空きがあるみたいだよと聞けば時間も惜しまなく夜であれ何度も足を運ばれ物件を探されていました。
今回の場所との出会いも偶然で、あの時のことを思い出すととても懐かしいです。

そんなYさんご夫婦の沢山の想いがこもった
"大人のための心地良い雰囲気を味わえるサロン"・・ご紹介いたします。
(奥野さんのブログの言葉をパックリです...)


カット椅子にミラー全て各席ごとに違うのもご来店頂くお客様が何時来ても楽しめるように。オーナーさんの拘りです!

スッキリ!を追求したスチールの特注サッシ。
ガラス越しに繋がるデッキと緑を感じる癒し空間の特等席♪
リフォーム前は純和風の居酒屋でした。
ちょうど一段上がった畳スペースが・・・今では全く想像が付きません。





こちらは少し落ち着きを齎した席になります。
壁はお施主様自ら黒板塗料を塗り、商品の案内を書いたり、お客様へのメッセージをサプライズしたりと伝言板となる壁となっています。
全体の空間を広く見せるため天井を高くしましたが、照明の光が届きにくいことと、ぽっかりと間延びしてしまうことを考慮し、木の吊り梁を設けて天井に奥行きを出しました。スチールの棚板とグリーンが良く似合います。





待合スペースです。
ただ待つのではなく終わった後も会話に花を咲かせ、リラックスして頂くダイニングみたいな空間・・・。
ついつい長居してしまいますね。
間違ってもcafeではありませんのでお食事は出ません。ご了承ください(笑)
建物の躯体のコンクリートを現した仕上げはどうしても暗く冷たさを感じてしまいます。部分部分で色を使い分けることで各々に表情が生まれます。





待合スペースとカットスペースの中央にはコンクリートで出来た間仕切り兼用の本棚を。
段差を利用しある時は棚に、そしてベンチに、多用途に使えるディスプレー台としてご利用できます。ALLモルタル仕上げで左官屋さん泣かせでしたが、出来あがるとやはり存在感あります。。






シャンプースペースはOPENスタイル(左)と個室スタイル(右)があります。









OPENスタイルは足元を格子のスリットでさりげなく隠しています。
Yさんの大好きなアイアンでオーダーしました。
ペンダント照明の素材に合わせ白皮の鉄素地仕上に。









個室スタイルは特別な場所へ案内されるようなイメージを。
そして安心してリラックスして頂けるように敢えて2段(約30cm)上がったプランとなっています。
平面的な目線を変えることで距離感が生まれます。
フリーにスライドする建具の上半分をOPENにすることで窮屈感を排除すると同時に、空調を採り入れる役目も果たしています。








異形鉄筋とフラットバーを組合せたオリジナルの手摺は黒皮の鉄にクリアー塗装仕上。
個人的には素地の状態が好きですが、手摺たるものどうしても手を触れてしまうので錆びの進行を止めるためにもクリアー塗装を施しました。
余談ですが・・・今回の工事で鉄に白と黒があることを始めて知りました。w(゚o゚)w
日々勉強です。







ご購入された椅子のイメージを基に柄入りの壁紙をポイントに貼り、とにかくお客様にはゆったりとして頂きたいというYさんご夫婦のご要望で天井も落ち着きあるトーンを選びました。灯りに変化ができるよう調光式スイッチを採り入れています。
ここは奥様が施術するフェイシャルマッサージにメイクスペースをメインとして最新の機材も投入されました。








トイレは白を基調とした清楚なイメージで。。。
わざと天井を低く仕上ました。
壁の厚みを利用した小棚にはお気に入りの雑貨が置かれ気持ちのいいWCスペースとなりました。










特注のスチールサッシの中央は敢えて木建具を。
水にも強いウエスタンレッドシダーの框組に天然塗料のオスモで保護をした黒い建具。カッコ良くなりすぎ?ないように上部にアンティークガラスをはめ込みちょっぴり甘さを出しました。凄く難しいネーミング・・・・・・・ダメだ、思い出せない。。。






今回特に大きなお店の看板は上げていません。

ひとつは入口扉の左に書かれたカッティングの文字。

さりげなく。。。









そしてもう一つは駐車場に立つポールにひっつく・・・magnifico+✄・・・のアイアンの文字。

ここも
さりげなく。。。








駐車場のアスファルトとスチールサッシ、コンクリートにアイアン手摺、の無機質な素材の集合体では色気が出ません。ポーチを兼ねたウッドデッキスペースを設け木の温もりがプラスされました。少しお値段は張りますが外材のイぺを使用。
お手入れ要らずで、また年月とともに朽ちていく表情を楽しませてくれます。



工事期間約2カ月、打合せから始まり色々とありましたが、21年間勤務しマネージャーを務められたYさん、お客様の気持ちを本当によく捉え、また経営側の想いも踏まえ一番いい方法を見極め、瞬時の判断、迅速な行動、など全てにおいて本当にYさんからたくさん学ぶことがありました。
そんなお人柄だけに色々な方々のアドバイスを始め、壁の漆喰塗りはYさんご夫婦とたくさんのお友達に手伝われながら表情豊かに仕上りました。
そこに奥様のセンスあるディスプレーが日々変化するのも足を運ぶ楽しみのひとつとなるんではないでしょうか。


ゆったりと大人気分に浸りに....
ぜひ皆さまのお越しを心よりお待ちしております。



✄ わたしも早くあの素敵なメンバーズカード欲しいな〜
・・・カット予約しなくっちゃ!!


〒444-0858
岡崎市上六名4-3-12 102号
TEL 0564-83-7122


| リフォーム | 13:13 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:13 | - | - | pookmark |
コメント
入口の硝子の名前はですね・・・
『アルトドイッチ』って言う
4正に入りガラスですょv(o゚ェ゚o)
| 名無し君 | 2012/09/29 1:11 AM |
グフ・・・
yamaさんありがとうございます!!!

また素敵なアンティークガラス仕入れてください〜(^v^)
| shiho | 2012/10/02 10:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lifeplan74s.jugem.jp/trackback/79
トラックバック