<< 白いブーケ | main | case-17 S邸 解体工事と小さな空き家 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
レッドウッドの森 in USA














こんなに早く願いが叶うとは・・・
思いもよりませんでした。




3月20日から約1週間、アメリカ.カリフォルニアに行ってきました。
それも念願の『・・レッドウッドの森・・』に逢いに・・・。


仕事山盛りだというのに強行突破!!!!!


約1週間の旅はとにかく時間が過ぎるのが早くて早くてあっという間に終わってしまいました。
でも中身は濃く深くそしてマイルドに・・・なんだかコーヒーみたい。
ボチボチのペースですが旅行記お伝えしていきたいと思います。


さて、「レッドウッドの森」といってもピンとくる方はあまりいないと思いますが、世界で最も大きい木そして最も古いとされる木がある森です。
私たちの建築にもウッドデッキなどの材料としてたまに耳にする程。
なぜなら耐久性にも優れ貴重で高級なだけに中々手に入りにくい存在だからです。

そもそも「レッドウッドの森」を知るきっかけになったのは25歳の時。
資材調達のためにアメリカに行くこととなり、せっかくなら現地の本を・・・と(その当時勤めていた会社の)社長に借りて読んだ本の舞台となっていたのがそう、「レッドウッドの森」だったんです。
薄暗く樹高100mを超える木々の中静寂な空気に包まれる森の中で繰り広げられるサスペンス物語を読んでいる私自身がその世界に吸い込まれていく強烈な印象を受けました。
そして向かったアメリカ・ロスアンゼルスで本来の仕事である資材調達を済ませ、レッドウッドの森ヘ向かったのです。
いわゆる高速ハイウェイをひたすら北上し何時間走ったでしょうか??
多分3・4時間は走ったと思います。(信号が無いから距離でいうと相当です)
でも浅はかでした。
広大なアメリカの地、スケールが違い過ぎて3・4時間走ってもたかが1/4いえ1/5の距離を進んだか進まないかそんなレベル。これはこれは明日の日本行きの飛行機に間に合わない・・・ということで断念して深夜のハイウェイをシブシブ戻ってきました。
そして諦めざる終えなかった思いは「いつかは現地へ行ってあのサスペンスの「レッドウッドの森」は本当に存在するのか?存在したとしてもあの強烈な印象が残るほどのものなのか?」確認したいという思いが心の奥底に刻まれたのです。

それから約13年、 チャンスは突然やってきました。
3月の第1週に入っていたと思います。
奥野さんとの何気ない打合せの際「中村さん、私お施主さんとアメリカへ行くことになって・・・」といつもの旅行前報告。
え?ちょっとびっくり?! アジア好きな奥野さんがアメリカ???珍しいな〜と思いながら話を聞くと、私も何度かお会いしたことのあるケーブルテレビミクスの女子アナのHさんがパワースポット巡りを楽しんでいるらしく世界7大聖山の中でも上位に入るマウント・シャスタというところへどうしても行きたい!というのがきっかけのようです。
そんな会話の中で「私がもしアメリカ行けるなら(レッドウッドの森)っていうところに行きたいんだよなー」と小言のような発言を奥野さんは聞き逃しませんでした。
「何? レッドウッドの森?行くよ〜!! しかも シーランチ (1961年建築家のマイケルムーア・・チャールズムーアが設計した有名な建物)
<ヒャ〜!!!!(笑)私ったら飛んだ失態を・・・・・(笑)Hさんのブログをご覧になられた方は・・・笑わずにはいられませんね(笑)我ながら大笑いです(笑笑笑)4/9訂正完了!!>
にも泊まる計画だよ〜!! そんな偶然ないよ〜!!これは中村さん行くっきゃないでしょ〜!!!」と奥野さん。
奥野さん自身もある本に魅了されレッドウッドの森の存在は当然のように知っていました。せっかくのアメリカということで計画に盛り込んでいたんです。(さすが・・・!!)
「でも・・・急すぎて・・・仕事も・・・ん・・・ん〜 」と頭の中で色々な段取りがぐるぐる、さすがに一晩時間をいただいて返事をすることに。

翌朝の返事は決まっていました
「ぜひ!! 一緒に参加お願いします!!!」
これも何かの縁、今後行けるかもわからない、やはり行くしかない!!
こうして急遽アメリカへの旅が実現となったのです。



「マウント・シャスタ」へ続く・・・



| 旅行&イベント | 23:38 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:38 | - | - | pookmark |
コメント
先日は大変お疲れ様でした!
すんげー楽しかったです。
中村さんには最初から最後まで笑わせて頂きました。
そして今また笑わせて頂きました。


マイケル・ムーアは、映画監督です。
チャールズ・ムーアだから!(爆笑)
| Hです。 | 2012/04/05 4:28 PM |
Hさん
ほんとお疲れ様でした!!
そして奥野さんと涙して笑わせていただきました(笑)
我ながら恥ずかしいことばかり・・・

メールチェックありがとうございます(笑)
訂正OKです!!

早く打ち上げしたいです〜
近くお会いできるのを楽しみに・・・

| shiho | 2012/04/10 8:22 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lifeplan74s.jugem.jp/trackback/75
トラックバック